研究所の取り組み|シャローム司法研究所|

研究所の取り組み

研究所の取り組み
Approach
シャローム司法研究所 > 研究所の取り組み

特 徴

特 徴
  • 司法書士試験合格者の考査対策講座
  • 認定取得後の裁判実務推進講座
  • 司法書士試験対策講座
  • 民事法シリーズ実務研究講座

POINT1 司法書士試験合格者の考査対策講座

POINT1 司法書士試験合格者の考査対策講座
過去の考査からすると毎年平均的に60%前後の合格率であり司法書士試験に比べると極めて合格率が高いですが、逆に言うと40%の方は不合格になります。そのため油断は大敵です。また、合格率が高いがゆえに不合格になった時の精神的ダメージも大きいのです。

そこで確実合格のために、シャローム司法研究所は、以下の講座を用意しています。

考査合格のための要件事実論の基礎から中上級講座→特別研修をより効果的に活かすための簡裁訴訟代理認定考査速攻対策講座です。シャローム司法研究所の定番講座です。
考査の直前整理過去問解説講座→考査の模擬試験形式による演習講座です
考査解説講座→各年の考査試験の解説講座です。
以上の3つのメニューがあります。シャローム司法研による考査対策講座で認定司法書士の登竜門である考査の確実合格を目指しましょう。

POINT2 認定取得後の裁判実務推進講座

POINT2 認定取得後の裁判実務推進講座
現在、司法書士の世界では、裁判実務を行う者と行わない者との間で、法的な思考力を活用した問題処理につき、スキルの差が拡大しているといえましょう。

そこで、シャローム司法研究所では、司法書士間の競争に負けないだけではなく、他職能との裁判実務にも退けをとらない司法書士を養成するため、既に認定を取得している司法書士を対象に、特別研修では取り扱わない重要な要件事実論などをカリキュラムに取り入れた裁判実務推進講座を行います。

なお、この講座は、簡裁訴訟代理認定考査速攻対策講座を受講された場合は、内容はほぼ同じですので再受講する実益はないとお考え下さい。

POINT3 司法書士試験対策講座

POINT3 司法書士試験対策講座
国家試験の中でも難関である司法書士試験合格のための対策講座です。単に、司法書士試験の合格のためのノウハウを提供するだけでなく、実際に弁護士との共同作業の経験や裁判実務経験、また登記実務などの経験につき豊富な実績を有する講師による対策講座です。

そのため、司法書士試験合格は単なる通過点であることを理念としているから、絶対合格の環境を形成しています。

POINT4 民事法シリーズ実務研究講座

POINT4 民事法シリーズ実務研究講座
民法、会社法、要件事実などの民事訴訟法につき、テーマを絞り、より深く法的思考を検討する実務研究講座です。

内容は、コースをご覧ください。
トップページ研究所の取り組みスケジュールコース・料金研究所案内お問合せお申し込み

PAGE TOP